PAGE TOP

お知らせ
商品紹介 2018.12.23

網笠柚子

もう一品の紹介です。
弊社では網笠柚子と言いますが、編み笠柚子が正しいかもわかりません。
網笠柚子の名前の由来は柚子を半分に折った形が編み笠に似ているからだと言われています。

主に地元岡山県産、高知県産の柚子を使用し、網笠柚子を作っています。
先ず、柚子を洗い、卸し金で柚子の皮を人の手で卸していきます。卸しすぎると柚子の皮が薄くなり破れてしまう為、
絶妙な感覚で卸していきます。
柚子は元々すごく綺麗な黄色ですが卸す事により光り輝く
蛍光色のような黄色に変わります。
次に柚子を半分に切り、中の果肉を取り除きます。半分にした皮をそのまま砂糖に漬けると
苦みが残るので、苦みを抜く為水煮を行います。煮過ぎると皮が破れてしまうし、柚子の香りが
抜けてしまうので職人が柚子の皮の状態を見ながら水煮の時間を調整しほんのり苦みの残る柚子皮に仕上げます。
冷水で洗い水分を切り、砂糖を加え一旦寝かせます。砂糖を加え過ぎると柚子皮が硬くなってしまうので
職人の腕の見せ所です。徐々に砂糖を加えていきます。こうする事で柚子皮にゆっくり砂糖が馴染んで食べた時の
さっぱりとした嫌みのない味にしていきます。そして完成です。作業途中ですが網笠柚子の絨毯です。

お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-38-4145 受付時間/年中無休 9:00〜18:00

メールでのお問い合わせ